肌質は人によって異なっているため、

自分の肌質にあったスキンケアを行う必要があります。

 

肌のトラブルの中でも、

悩みに感じている人が多いのがニキビでしょう。

 

ニキビというとオイリー肌に多いと思いがちですが、

実は乾燥肌でも起こってしまいます。

 

乾燥肌なのにニキビができると何度も洗顔したり、

またあまり保湿しない方がいいのでは、と思いがちです。

しかし、これは間違った考え方なので注意が必要です。

 

実は肌が乾燥すると、

外部の刺激から肌を守ろうと皮脂の分泌が多くなってしまうのです。

 

そのため毛穴が開きやすくなり、

肌は乾燥しながらもニキビでブツブツになるという状態が行ってしまいます。

 

そのような場合は保湿が足りていないので、

できるだけ肌に負担をかけないように洗顔し、

化粧水と乳液でしっかりと保湿してあげましょう。

 

肌が乾燥するとバリア機能も低下してくるので、

低刺激の化粧品を使う事も大切です。

 

優しく洗顔し、しっかりと保湿してあげる事によって肌に潤いが戻り、

皮脂の分泌も正常に戻っていきます。

 

保湿ケアを間違ってしまうと肌トラブルの大きな原因となるので、

自分の肌質や状態を理解し、

肌に合った保湿ケアを見つける事が改善につながるのです。