しみやしわが増えるのは、

年齢による老いが原因の一つです。

 

しわができると老けた印象になるので、

女性なら誰でも改善したいと思うことでしょう。

 

しわには小じわと大じわがあり、

小じわについては、肌表面にできる浅いしわのことを指します。

浅いしわを放置していると肌の深くにまで達する大じわができてしまいます。

 

しわが大きくなりすぎないうちなら、

毎日のスキンケアによって目立たないようにすることが可能です。

 

加齢を感じない若々しい肌を保つためには、

しわが深くなる前に対応してしまうことです。

 

肌の保湿力が低下し、水分不足になると、

しわができやすくなります。

 

肌表面の角質層にはバリアの機能があるのですが、

乾燥や摩擦などによってバリアが壊れると、

しわができやすくなります。

 

肌をゴシゴシと洗うと摩擦でバリア機能が低下をしてしまうし、

肌の潤いが奪われてしまうので、

洗顔はこすらずに優しく行いましょう。

 

肌の乾燥を防ぐために効果的な方法は、

保湿を重視した化粧品を使用することです。

 

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など、

肌の保湿力を高める作用があるという栄養素も摂取しましょう。

 

多くの人が、いつの間にか増えているしみやしわにな悩まされていて、

乾燥予防をすることで皮膚のしわを目立たないようにするようです。